Lucia祭
12月13日は聖ルシア祭でした。スウェーデン独特のお祭りです。
ルシアの説明はまた改めて。

ということで、Malmoの市庁舎で行われた様子をUPします。
初動画!うまくいくかしら。

真ん中のロウソクのついた冠をかぶっているのが今年のMalmoのSanta Luciaです。



☆Lucia祭 追記~
Luciaの説明、あれこれ探してみたんですが、なかなかうまいこと簡潔に説明してくれてるサイトがみつからず。以下、いろんなサイトの話を総合した結果↓

12月13日は旧暦の冬至にあたり、この頃が一年でもっとも日照時間が短くなる時期。 もともとはイタリアの聖女ルシアのお話に由来しているようですが、この暗い時期にスウェーデンでは希望をもたらす光の聖女としてルシアをたたえるようになったようです。
この日は、早朝から頭に蝋燭のついた冠をかぶった少女(ルシアテーナ)を先頭にした白い衣装のコーラス隊(ルシアトーグ)が教会や学校、会社を訪れて美しい歌声を聞かせてくれます。日本では知られていないと思われる歌がほとんどですが、有名な「サンタルシア」や「清しこの夜」も歌われます。
そしてlussekatterといわれるサフラン入りのねじりパンやpepparkakorをglögg(スパイス入りのホットワイン)やコーヒーと一緒に食べるのです。
ココの説明と写真もご参考に。
これまた派手さはないけれど、ほんわか温かいお祭りでしょ。

TVでの放映もあって、会社も学校もない私は朝7時から8時までの1時間、TVで美しい歌声を堪能しました。
少女たちのコーラス、小さな子供たちのコーラス、男の子たちのコーラス、楽器の演奏。全て素晴らしくて可愛らしくて、飽きることなくTVに噛り付いてみてしまいました。朝っぱらからTV画面の写真をとりまくり(^^; 特に小さな子供たち、本当に可愛かった。一生懸命pepparkakorと思われる物体(笑)をコネコネしつつ、ちゃんとルシアの歌も歌ってるんですよー。e0092610_14533781.jpg
[PR]
by ai-colors | 2006-12-13 21:19 | 文化 sweden
<< go to Japan christmas party >>



北欧暮らし        
www.flickr.com
ai-colors' photos More of ai-colors' photos

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31