カテゴリ:絵・てづくり( 18 )
tango
今年に入って何度かイラストレーションの講座を受けてみました。
どんなもんだか全然わからず不安だったけどとにかくとびこんでみた、という感じ。
学校の建物はなんと元チョコレート工場。 スウェーデンのイラストレーターOlle Eksellがデザインした目のロゴマーク=Mazetti ögonkakaoe0092610_7572021.gif
で有名なMazetti社があった場所です。(今はMazetti社はなくなり(買収されたみたい)Fazerという名前にかわっているけれど、このおめめマークはココアやベーキングパウダーのパッケージなどに使われていて健在です。ス−パーいけば必ず出会えます。)

その建物内に入れる、というだけでワクワク。
ファッションやデザイン、楽器や合唱、ダンスなどのカルチャークラスがあって対象年齢もチビっこからお年寄りまで。
私のとっていたコースはだいたい私と同じ位の年齢の女性のみ。

この絵は新聞記事の挿絵を描こう、という課題で描いたもの。
e0092610_537814.jpg

知ってました?
フィンランドってアルゼンチンに負けない位 「タンゴ」が盛んなんだって。
以前、英語のクラスをとってたときに、スウェーデン人のおばさんが「タンゴ発祥の地はフィンランドなのよ」ってビックリ発言をしはじめて、「ええ〜そんなわけない」とアルゼンチン人のクラスメートはもちろんクラス全員が否定(笑)でもおばさんは「いや絶対そうだ。」と譲らず。
後日、先生がネットサーフィンして調べてくれたことによると、発祥の地はもちろんアルゼンチンなのだけど、それがヨーロッパの各地に広まって、その中でも特にフィンランド人たちのタンゴ熱はすごかったらしく、フィンランドオリジナルのタンゴ文化ができあがったらしい。今も熱心なタンゴダンサー達がたくさんいるみたいです。

と、まっ、そんなこんなの記事を選んで挿絵をかいてみました。

追記: あっ、色塗り忘れてるところがある・・・
[PR]
by ai-colors | 2007-04-19 05:43 | 絵・てづくり
春なのに
e0092610_22414386.jpg
1月に作りはじめたマフラー、3月に入ってやっと完成しました(笑)
クリスマスに私から何ももらえなかった可愛そうな夫に(私はもらった)、と思って作り始めたものの、学校がはじまったら全く進まず。。
バレンタインもすぎ、ホワイトデー間近という頃になってやっと出来上がりました。

近頃、マルメも春らしい暖かい日が多くなってきたので、結局1回しか使用してるところみたことないけど、まあ来年活躍させてくれるでしょう。

毛糸はノルウェーのGarnstudioというメーカーのものを使ったのだけど、この毛糸、ドンピシャ私の好みの色&風合いでして。この深く淡い色が北欧だな、と。 なんとなく洋ナシっぽい色だな、と私は思ったのだけどどうでしょ。(写真じゃ伝わりにくいけど)
eskimoという毛糸です。

GarnstudioのHPにはたくさん素敵なパターンがのってましたよ。今はサマーニット系も豊富。私はスキルがないので作れませんが、編み物得意な方はぜひチェックしてみて。
http://www.garnstudio.com/lang/en/kategori_oversikt.php
e0092610_22434253.jpg
e0092610_2242595.jpg

[PR]
by ai-colors | 2007-03-07 22:42 | 絵・てづくり
オランダ絵日記
スウェーデン語の勉強でひーひー悲鳴をあげてる毎日です。受験生な気分です。お会計時に値段だけ聞き取れるようになったけど、それ以外はさっぱりです。

と、そんな中週末にオランダいってきました。友達の家が本当に快適で快適で、たくさん遊んだのにほとんど疲れが残らず。 どうもありがとうー。
詳細はまた後ほど。 
ゴッホとブルーナさんと娼婦のお姉さんたちに刺激をうけて描いた絵日記(笑)
e0092610_97436.jpg
自転車かっとばし スウェとスピードが違う
(速そうにみえない絵ですいませんね)
e0092610_8394742.jpg
ゴッホミュージアムで泣いた
e0092610_840488.jpg
こんなお姉さん達だらけの通りがあった(合法なのね・・)
e0092610_8401646.jpg
ディックブルーナミュージアム 子供たちに混じって大喜び

[PR]
by ai-colors | 2007-02-11 22:49 | 絵・てづくり
北欧のユザワヤ??
作って以来全然すすんでなかったフェルト人形作りだけど、学校が始まるまでの間、時間がありあまってたので残ってる原毛を使ってウサギを作ってみました。
黒うさぎにするか白ウサギにするか迷ったけどまず白うさぎから。
松ぼっくりと同じくらいの大きさ。
e0092610_4162136.jpg
フェルトキットはPanduroというお店で買いました。
ここ、手芸工作用品が色々そろっててすごく楽しい。私は北欧のユザワヤと呼んでます。笑

もとはデンマーク人のCarlo Panduroさんという人が鍛冶屋(?)をやめて小さな土産物&ジェエリー屋をひらいたところからスタートしたというこの会社。ハンドメイドのエキゾチックなブローチで大当たりしたのち、mail orderを始めてあれよあれよと大きくなったらしいです。(by HP)
今やスウェーデン、ノルウェー、その他ヨーロッパの国々にまで店舗をかまえているようで、Panduroさん大成功したんだわね〜。

HPはここ。http://www.pandurohobby.com/public/welcome.com/index.htm
通販、日本でも買えるのかな?

e0092610_4381642.jpgこの前、ここでダーラナヘストを買いました。本当はあざやかな彩色がされているのだけど(右写真参照)、ここで売ってたのは自分で着色ができるように木の色のまま。
安かっただけあってかなりアバウトなボディラインだけど(^^;お土産屋さんで買うと結構なお値段するのでお得かも。木の色のままってのも可愛いので私はこのまま飾ってます。
(でも本物のダーラナヘストもゲットしたい。いつかダーラナ地方に行くぞー)
そのほかに上のウサギ比較につかった松ぼっくり5コパックとフェルト用の追加の針も買ってきました(針すでに3本も折ってしまった)。
e0092610_2219778.jpg
ユザワヤ好きな友人たちを是非連れて行きたいお店です。

追伸: そうそう。今日は節分でしたね。 豆も恵方巻きもなかったから、キッチンペーパーをちぎって丸めてちょっとだけ「鬼は外、福は内」をやってみました(夫にぶつけてみた)。 お面つくればよかったなあ のり巻食べたいなあ
[PR]
by ai-colors | 2007-02-03 04:38 | 絵・てづくり
クリスマスリースと柚子釜づくり@IID
e0092610_1932318.jpg
帰郷のタイミングでまた「IID ものづくり学校」の「庭仕事の楽しみ」のワークショップに参加することができました。
スウェーデンにいたときからプログラムをチェックしておいたのです。フフフ。
今回は友達と一緒に参加できてこれまた嬉しい。

この日に作ったのはクリスマスリースと柚子釜(味噌ゆべし)。

time table
14:00~冬至のお話
14:30~柚子釜づくり
15:30~あったかお茶時間
16:00 リースづくり
17:00 おしまい--

クリスマスリースは学校の裏にある植物を自分達で集めてきて、輪っかにして作るというシンプルだけどすごく楽しいもの。

柚子釜は柚子の中身をスプーンでくりぬいて、その中に味噌をつめて蒸しあげ、それを乾いて固くなるまで軒下に吊るしておけばできあがり。
e0092610_19322437.jpg
クリスマスリースづくり、素材集めから制作まで皆真剣そのもの。
私もものすごい集中してつくっちゃいました。気づいたら周りには枝やら葉っぱやら、小さな実やらが散らかり放題。

そうそう講師の塚田さんがとってきてくれた枝には小さな茶色いものがたくさんぶら下がっていました。
それは何かというと・・・ミノムシ。 小さなミノムシ君たちがいたのでした。
リースからたくさんのミノムシたちが這い出てきたらちょっと恐ろしいので、ごめんよーと思いつつよけさせていただきました・・・(^^;
ほんと寝てるとこお邪魔しましてすいませんでした。

そして講師の石田さんが柚子のくりぬいた果実の部分であたたかい柚子ドリンクを作ってくれて、リース作りの途中にいただいてホッと一息。

私のリースも柚子釜も一応完成。
スウェーデンまでは持って帰れないので実家の玄関に飾ろう。
e0092610_19325558.jpg

学校園には大きく育って葉っぱの収穫も終えた藍がありました。
これは4月に私も一緒に種まきをした藍なんです。この時
こんなによく育ったんだなあ、、と感慨ぶかく眺めてしまいました。赤い色が美しい茎はリースの材料に。
そういやこのときの写真がecocoloにのりましたね。これ 懐かしい。
e0092610_19332425.jpg


実は学校にいる間、喉の調子が悪化、頭がフラフラとしてきてどんどんまずい状態に。
この後友達とのクリスマス会を予定していたのだけど泣く泣くキャンセル。ごめんなさい。
各駅停車にガタゴト揺られて意識朦朧としながら何とか家まで辿り着いたのでした。 ここから風邪が一気に加速。この晩は体の節々が痛み、高熱にうなされる。
[PR]
by ai-colors | 2006-12-16 19:27 | 絵・てづくり
羊が1匹、羊が2匹・・・
e0092610_17314861.jpg

ちょっと写真がイマイチで形がわかりにくいですけど、羊です。(白いモノを写すのって難しいのね)
近頃羊をつくってます。

e0092610_1746580.jpgフェルトの原毛(羊毛)に針をさして、だんだんと固めていきます。
羊の毛で羊をつくってるわけです。
手芸屋さんに、白と黒の羊毛と、針と、針を刺す時に下に敷くスポンジ台がひとつになったキットが売っていたので買ってみたのです。
以前かいた初雪の日に、意地になって買いに行ったのはこれ。

作り方は写真で。 ちゃんとしたつくり方とかコツとかがあるのかも知れないけど、例のごとく説明書きがスウェーデン語とデンマーク語とノルウェー語のみだったので、とりあえず針でさしまくって作りました。とっても簡単。 でも何度か自分の指に針をつきたててしまって痛かったあ(涙)

羊毛が思った以上にたくさん入っていたので、あと15匹くらいは作れそう・・・・(笑)
寝室にたくさん並べて、寝れないときに数えようかな?
[PR]
by ai-colors | 2006-11-16 17:43 | 絵・てづくり
庭仕事の楽しみ ~藍染め&畑仕事
またIID世田谷ものづくり学校へ。

今回は藍染めをしてきました。

布地をジャブジャブ藍の液に浸した後、プラプラ~と空気に触れさすと、藍色に変化。
真っ白だったTシャツとオジサン風ハンドタオルが格好良く生まれ変わりました。
e0092610_0151897.jpg

e0092610_0153065.jpg

藍色って、本当に涼やかで美しい色。
綿によく染まるので、日本人が古くから愛用してきたのだそうです。

藍染めの後は、IIDの畑で収穫した野菜を使ったお昼ご飯。
フードコーディネーターの野村さんという方が作ったご飯は、どれもめちゃくちゃ美味しかったです。幸せ~な味。
e0092610_0154419.jpg
e0092610_0155485.jpg

腹ごしらえの後は、藍の種まき。
まずは畑に生えている草むしりから開始。
ボーボーに生えていたので、これ時間内に終わるのかなあ、、、と心配だったのだけど、畑を管理していらっしゃる石田さんと塚田さんの指示のもと、参加者全員でエッサエッサ一心不乱に草むしりをしていたら、あっという間に綺麗になっちゃったのでした。
その後は鍬でザクザクと耕してから、藍の小さな種をまきました。
元気に芽を出してくれるといいなあ。
e0092610_0161736.jpg
こんなボーボーが↓

e0092610_0163265.jpg
 
みんなで耕して↓

e0092610_0164365.jpg
こんなに立派な畑になりました


それにしても、土いじりをしたのなんて久しぶり。鍬を使ったのなんて初めてかな。
ベランダの鉢のお手入れくらいじゃ土いじりなんて言えないや。
てんとう虫やらミミズやら、何かの幼虫やら色んなものを発見してきました。

小さい子も参加していたのだけど、大はしゃぎ。
摘んだ菜の花を「ハイ」ってプレゼントしてくれました。
都会でもこんな体験ができるんだなあ。
藍の種をもらって帰ってきたので、ベランダで育ててみようと思います。
e0092610_0172715.jpg

e0092610_0171522.jpg

[PR]
by ai-colors | 2006-04-29 00:01 | 絵・てづくり
ちょい前かけ
先週のはなし。

世田谷のIIDで「庭仕事の楽しみ」というワークショップをうけてきました。
庭仕事にまつわる道具をつくり、学校園(IIDの裏庭でお野菜を作っている)の恵みを味わうという講座です。

ずっと参加したいなと思っていたワークショップだったので、大雨の中だったけどウキウキしながら行ってきました。

私が受けた回で作った道具は「ちょい前かけ(=庭仕事用エプロン)」。
そして味わったのは「緑豆ココナツぜんざい」「塩もみルッコラ甘夏あえ(←勝手につけた名前)」。
e0092610_125662.jpg

ぜんざいは緑豆のやわらかい甘さとモチモチの白玉だんごが美味だったし、塩もみしたルッコラは甘夏の風味と合わさってとても爽やかなお味だった。
やさしい自然の味。 うまい。

ちょい前かけは、先生達が短時間でも簡単に仕上げられるようにと考案してくれたもの。
一枚の布を折りたたんで端を縫っただけでポケットつきの前掛けが完成しちゃうのです。
だから「ちょい」。 
でもノロイ私は結局授業中に仕上げられず。。。家に持ち帰って作りました。

完成品。
e0092610_120158.jpg

「ギャルソン風ちょい前かけ」
" よっ、いらっしゃい " なイメージで写真とってみた
 
e0092610_1202283.jpg

携帯入れ付き。

[PR]
by ai-colors | 2006-03-06 01:20 | 絵・てづくり
みずゑ教室いってきた
e0092610_23365541.jpg
みずゑ教室にいってきました。初受講。
みずゑ教室は世田谷の ものづくり学校 の中で開かれているワークショップです。

今回参加したのは、「シルクスクリーンでクッションカバーを作ろう」の講座。

シルクスクリーンで刷るのは自分で描いたイラストです。
「何描こうかなあー。ちゃんと使えるカバーがいいしなあ」と思いつつも、なかなか描く気になれなくて、結局描きはじめたのが当日の朝。。
レースっぽい柄にしたいなあ。花柄もいいなあ。。というイメージをもとに、折り紙でチョキチョキとレースのような花のような柄を切って、その間に蝶をポンポンとおいてみる。
大急ぎでコンビニいってコピーしたり、紙くずを部屋にばらまいたり、バタバタだったけど、何とか完成。
雪が残る道をテクテク歩いてものづくり学校へ。

みずゑ教室は小さくてのんびりしていてとても和む場所でした。
ひとりで来てる人もいれば、友達と来てる人もいたのだけど、皆もくもくと、テキパキと作業をすすめていきます。 私も色作りや試し刷りで手間取りつつ熱中して作業していたので、あっという間に時間がたってしまいました。
最後時間がなくなって焦ったので、少し印刷がかすれてしまった部分もあるんだけど、まあ"味"ということで(そればっか・汗)、いいでしょう。

大きな手作りクッションカバーの完成!!やったー。
シルクスクリーンって楽しい。

皆それぞれ味のあるすごく素敵なカバーを作ってました。 
私の隣にいた方は、illustratorで描いた牛の絵を刷っていたんだけど、ほんとうに格好よくって買ってかえりたいくらいでした。

ああ楽しかった。
みずゑ教室、また参加しよう。
e0092610_23361916.jpg
e0092610_23363023.jpg
印刷する場所で片面ずつちょっと変化をつけてみました
[PR]
by ai-colors | 2006-01-22 23:11 | 絵・てづくり
敷きもの
e0092610_2345018.jpg
お休み中、厚手のフェルトでコースターを作ってみました。
いつもお世話になってる方へのプレゼント。
作ってみると、形ガタガタ、縫い目もガタガタ・・・。
性格がこういうところに現れるのね。。。なんて
でも遠目ならまあまあいい感じ??(^^)
手作りの味として大目にみてくれてればいいけどなあ。
e0092610_23112124.jpg

ステッチに使った糸は、私が幼い時から母の裁縫箱にあったもの。
鮮やかな赤い色はそのままでした。
[PR]
by ai-colors | 2006-01-13 22:04 | 絵・てづくり



北欧暮らし        
www.flickr.com
ai-colors' photos More of ai-colors' photos

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30