カテゴリ:moovie( 21 )
奈良美智との旅の記録
今日、スウェ語2ndコースの初日を終えての感想は、、、、ヤバい。自分の出来なさ加減が本当に恥ずかしいです。あああ
ビギナーコースから持ち越しのクラスメイトが殆どなのに、なぜかみんな急激に喋れるようになってませんか?なぜなのなぜ。
今まで英語だった生徒同士の会話も段々とスウェ語になってきて、、、ああああ。 明日がまた恐ろしいです。


奈良さんの映画、始まりましたね。
みたいなあ。
DVDがでるまで待たないとだなあ。
e0092610_956415.jpg
映画の公式サイトにあるspecial contentsではたくさん奈良映像がみれますよ。
http://www.nara-movie.jp/

スウェーデンに来る直前に友達と2人で行った弘前のAtoZ展。
展覧会も弘前も友達との時間も全部ひっくるめて、ほんとうに素敵でした。
何回も言っといて全然実行できてないので、もう言うのが恥ずかしいんですが 今度写真UPします〜

こっちに来て最初に出来たタイ人の友達が奈良さんのことを知っていてびっくり。そして彼女のスウェーデン人の彼氏はなんと奈良さんTシャツを着てた!(笑)
去年の情熱大陸で、タイに行った奈良さんがアート教室に通う子供達と一緒に物作りしてる映像があったけど、どうやらその場所は彼女の親友がやっている教室みたいで。
ほえ〜スウェーデン人にきても奈良情報聞けるなんて不思議だ。そして幸せだ。
奈良さんの展覧会こっちでひらかれないだろかあ。そしたら皆で観に行きたいなあ。


Alan Arkinさん(リトルミス)アカデミー賞助演男優賞おめでとう~。
スコセッシさん、とうとうオスカー。良かったねえ。リンコは受賞ならず。まあこれから輝いてく人ですから。IWOJIMAはマルメでも上映が始まったので観にいきたいと思ってます。
[PR]
by ai-colors | 2007-02-26 10:00 | moovie
リトル・ミス・サンシャインとエヴァとステファンとすてきな家族
とうとう始まりました。スウェーデン語の授業。びえ~難しい。楽しかったけど「???」の連続でこの先ついていけるのかと早くも不安になってきました。自習しなければ確実に遅れてくなこりゃ。

話変わって、映画の話。
e0092610_2203799.jpg
「リトル・ミス・サンシャイン」、日本にいる間に観たかったのだけど時間がなくて結局みれませんでした。残念。
・・・と思っていたら、なんと帰りの飛行機のビデオプログラムに入ってたんです。ラッキー。
もうね、最高でした。大好きだわこの映画。

出てくるのはダメ人間ばかり。愛すべきダメ家族のお話です。
ブラックな部分もあるから、苦手な人もいるかもしれない。でも私にはまさに"ハートウォーミング"、いい塩梅に心が暖まった作品でした。

バラバラな家族の中で唯一、天使のような存在の女の子Olive。 デカ眼鏡かけてお腹はポンポコリンなんだけど、とにかく可愛い!美少女コンテストで優勝することを夢みてるけど、ふと自分の姿に自信がもてなくなって静かに静かに泣く姿。サイコ系なお兄ちゃんが暴れたとき、何も言わずにそっと寄り添ってあげる姿。可愛すぎて涙がでてきましたよ。
演じてるのはAbigail Breslinちゃん。なんとこの役でアカデミー助演女優賞にノミネートされてるんですね。 菊池凛子を応援してたけれど、これからはAbigailちゃんの方を応援しちゃう。
ヘロイン中毒おじいちゃん役のAlan Arkinも助演男優賞にノミネート。 そう、このおじいちゃんがまた最高なんです。薬中毒なとこはどうしようもないんだけど、とにかく渋くて格好いい。乱暴な言葉でも家族を深く愛してることが伝わってきます。
作品賞、脚本賞にもノミネートされてるそう。
さらに昨日、アカデミー賞の前哨戦のひとつ、米映画俳優組合賞でも作品賞(アンサンブル賞)を受賞したとのこと。いいぞリトルミスー!


e0092610_2215562.jpgで、この映画をみて思い出したのがスウェーデン映画「エヴァとステファンとすてきな家族」。スウェーデンに来るときに友達が餞別にとDVDをくれたのです。ありがとう。
これも愛すべきダメ人間たちの物語。こちらは親が離婚寸前の4人家族と、コミューンに集まってきた自由人たちのおかしな同居生活が描かれてます。
この邦題からは想像が出来ないくらいブラックな要素がちりばめられてる映画です。
スウェーデンの風景や70年代のキッチュでレトロなファッションは楽しめるけど、くれぐれもタイトルとDVDパッケージの可愛い雰囲気を想像してみちゃいけません。
冒頭から下スッポンポンの男女が出てくるし。「ピッピ(長靴下のピッピ)は物質主義者よ!」なんて叫んでる女性もいました(笑)"変わった人たち"という意味では恐らくリトルミスサンシャインの上をいってる。
原題は「Tillsammans (意味:together) 」。まさにtogetherがテーマの映画です。
1人ぼっちでいることがどれだけ寂しいか、誰かと一緒にいられることがどんなにあったかくて幸せなことか、をジワジワと感じさせてくれる映画。
そうそう、エヴァ役の女の子がこれまた眼鏡ちゃんでめちゃくちゃ可愛い。

どちらの映画もかなり暗い題材を扱ってるにも関わらず、見終わった後スッキリ爽快な気分になった。泣き笑いしながら「やったぜー」って言いたくなりました(笑)
これから先もこの人達の人生はめちゃくちゃで大変なことだらけなんだろうけど、でも愛する人と一緒にいる今がとても愉快なことだけは確か。ラストシーンの幸せそうな笑顔をいつまでも見ていたくなったのでした。
[PR]
by ai-colors | 2007-01-29 19:29 | moovie
Lost In Translation
e0092610_6101519.jpg
ソフィアコッポラの「ロスト・イン・トランスレーション」をみた。

日本にいるときどうも観る気がおきなかった映画。
外国人(良くない言い方ですけど)が撮る日本にはどうしても違和感を感じちゃうだろうし、ソフィアコッポラの「お洒落風味」な感じが、なんとなくフワフワと軽すぎる気がしてたから。
(「バージン・スーサイズ」もまだ観てない。)

でも、すごく良かった。
東京のネオンやら雑踏やら、見ているだけで涙が出てきた。
エンディングのはっぴいえんどの「風をあつめて」を聞いてボロボロ泣いた。

主人公のボブ(ビルマーレイ)とシャーロット(スカーレットヨハンソン)は喋ってる場面が少ない。ホテルや街の雑踏の中で分からない言葉に囲まれてポツンと佇んでる。
友達とワーワー騒いでいても、ふと感じる疲れや孤独。言葉はなくても2人の表情からそれが伝わってくる。

ボブは仕事で来日した俳優。通訳が全然使えない人で仕事中も他のスタッフとの意思疎通がはかれない。夜は時差ぼけなのか全く寝れない。テレビをつけても言葉がわからなくて、何が面白いのかもわからない番組ばかり。バーのボーイ君だけが話し相手。
シャーロットは夫の出張についてきた奥さん。
彼は仕事で忙しくしているからシャーロットは一人だけの時間が多い。
1人で東京を探索したり、頑張って京都まで足を伸ばしてお寺にもいってみたりする。
彼女にとって日本の全てが新鮮で、奇妙で、感動的に映る。
だけど、やはり孤独で不安なのだ。自分がこれからどうしたいのかさえ分からなくなってくる。

・・・これ、こっちに来てから私が毎日感じていたこと。 そりゃあ感情移入しちゃうわけです(笑)

日本を変に描いている、という声もあったようだけど、私は全然そう思わなかった。
まあ多少誇張してるところもあるけど、映画だもの。私達だって外国に行った時に色んな違和感を感じるし、その感覚を映像に表せばああなる気がする。(できないけど)
この映画の中の東京はミステリアスで美しく見えましたよ。
高速からみえる夜景が本当に綺麗で、私は懐かしさもあいまってまた泣いてしまった。

終わり方も私はすごく好きだった。主役の2人、素敵だったな。

きっと日本にいるときに観ていたら全然違う印象をもったと思う。
単純に異国の地にいる2人の孤独や不安に共感してしまっただけなのかな。うーん、でもそれだけじゃないと思う。 この映画の空気は心地良かったです。
とにかく何だか自分とシンクロさせてしまった映画でした。みてよかった。


関係ないけど、
今日街中を歩いていたら「ai~」という声が聞こえた。スウェーデンにきてから街中で私の名前を呼ぶ人なんて殆どいないから、聞き間違えかと思って素通りしようとしたら、友達の彼氏(スウェ人)だった。
名前を呼んでくれる友達がいるって幸せだなあ、、、とそれだけでやけに感動してしまったのでした(涙)
[PR]
by ai-colors | 2006-11-25 06:18 | moovie
Lilla spöket Laban
いよいよ街中のクリスマスムードも高まってきた感じ。 大きなモミの木もたったし、クリスマスイルミネーションも少しずつ増えています。 
そして今日は通りに小さな赤い木の家が出現していた!10戸くらいあったかな。 まだ全部閉まっていたけど、多分あれが小さなクリスマス市のようになるんじゃないだろか? ワクワクワク。
malmoのクリスマスは地味だよ〜と人から聞いていたのだけど、私はむしろ、こじんまりして、あったかい雰囲気のクリスマスの方がいいな。我が家の飾りも考えないと。
e0092610_0594038.jpg
Lilla spöket Laban http://www.moviezine.se/filmsidor/laban.shtml

以前ちょろっと触れたInger&Lasse Sandberg夫妻の絵本、「Lilla spöket Laban」の映画が今日から公開になってましたー。怖がりで心優しいおばけのラーバンちゃんのお話。ユトレヒトでもラーバン絵本をたくさん扱ってるみたいです(品切れだけど)。
e0092610_11259.jpg
ここでtrailerみれます。→http://www.sandmet.com/films/spoket_laban/trailers/trailer_qt.html 
かわい~い。背景には絵本と同じくコラージュや水彩画が使ってあって手書きの温かみや素朴さがちゃんと残ってる。もちろん言葉はスウェーデン語(^^;。映画館はKIDSだらけだろうし、DVDが出るまで我慢かな。

Inger&Lasse Sandberg夫妻のHP:http://www.spoketlaban.se/

こちらで公開中(or もうすぐ公開)の観たい映画覚え書き
「BABEL」 
「The Devil Wears Prada」
「Happy Feet」

ちなみに今こちらでTOP1になっている映画は「Borat」。英国のコメディアン、サシャ・バロン・コーエンがカザフスタン人ジャーナリストBoratに扮してアメリカを旅するブラックユーモア・お下品ネタ満載の映画。夫の職場でもかなり話題になっている模様。trailarみたけど、私はダメそうです・・・。
[PR]
by ai-colors | 2006-11-18 00:56 | moovie
映画でお勉強?
長い冬の夜を楽しむアイテムとして、DVDをまとめ買いしてみました(Sale品)。
英語のみだときついけど、DVDだと英語字幕も出せるので言葉を追いかけられる分少し楽。
この方法が英語の勉強にも有効、、と聞いたので、そのためでもあったのです。
比較的、英語が簡単そうなものを選んでみました。
スウェーデン語の音声&字幕も出せるから、そのうちこちらも役立つかも!?
映画好き(&勉強嫌い)の私としては、楽しみながら勉強できるならこんな嬉しいことはない。
まま、道のりは長そうだけど、冬の間に映画をみまくろうと思ってます。

1本目にみたのは、不朽の名作 「Sound of Music 」!
e0092610_3493199.jpg

何年ぶりかにみたけれど、やっぱり素晴らしい映画。
「The Sound of Music」「Sixteen Going on Seventeen」 「My Favorite Things」「Do-Re-Mi」「Edelweiss」 etc... 皆が知っている&大好きなこれらの唄がひとつの映画から生まれたなんて、すごすぎる。
「My Favorite Things」を聞いて、思わず「JR東海・・・」と付け加えたくなる自分がいやだったけど(笑)

この映画を最初にみたのは確か小学生の時。姉がビデオを買ってきたから一緒にみてみたら、すんごーく面白くてワクワクして、その後も姉がいないときにこっそり1人でみていた記憶があります。
美人な長女とその彼氏の「Sixteen Going on Seventeen」シーンが大好きでドキドキしながらみてたなあ。マセガキ(笑)
そして主人公Maria(ジュリー・アンドリュース)が本当に可愛らしい!
e0092610_353247.jpg

彼女のファッションがどれもこれもキュートで、ハイウエストのワンピースが急に欲しくなってしまった。私もMariaみたいにカーテンでチャチャッっと洋服作れないもんだろか・・・。
絵も描きたくなって、DVDラベルを参考にMariaをかいたらすごくブサイクな顔になってしまいました。Maria&ジュリーごめん。
この映画の舞台になっているウィーン ザルツブルグ、いつか訪れてみたい場所です。

そして次にみたのは、「Pirates of the caribbean」
e0092610_3495461.jpg

面白そう面白そうと思いつつ、まだ観れていなかったのです。
ディズニーランドでもカリブの海賊大好きだし、みないままではおれないなあと。
いやあ、痛快。 想像どおり面白かった。こういう映画は難しいことを考えずとにかく楽しまなきゃね。
とはいえ、会話が早すぎてあまりついていけなかったので、ちゃんと理解できているかどうか・・・。 もう3回くらいみないとダメかな。2のDead Man's Chest はそれから。 
でもとにかくジョニーデップは格好よかった。Jack Sparrow最高ですな。(今更)
[PR]
by ai-colors | 2006-11-08 03:55 | moovie
ゲド戦記
ゲド戦記みました。

これから観る人もいるだろうから感想は控えめに。

吾朗さんは吾朗さんです。
駿さんではないのです。 ちゃんとそう思ってみないとだった。

テルーの唄はやはり素敵でしたよ。 

ああ、トトロ観たいな。
[PR]
by ai-colors | 2006-08-03 22:40 | moovie
ナイロビの蜂
e0092610_0282921.jpg

e0092610_0302234.jpg

ナイロビの蜂  2005/英


あまり観ることのないサスペンス作品でしたが、みてよかった。
ハラハラする展開に目がはなせませんでした。

雄大なアフリカの大地でおこる凄惨な事件。

はじめは、身勝手な妻と優しくて少し気弱な夫。。。にしか見えなかった2人。
その2人の深い深い愛が事件の真相とともに明らかになってくる時、哀しみがぐっと胸につきささってきます。


実は飛行機の中でみたのですが、周りが寝静まった真っ暗な飛行機の中でタオルを握り締めて泣いてました。 
あやうくギギーっとタオルを歯でかみしめちゃうとこでした。
よかった隣の人が寝ててくれて。
(隣の席は見ず知らずのオッチャン)


アフリカとイギリスという2つの舞台がとても対照的に映し出されています。
原色が溢れるアフリカとブルーがかった空気に包まれたイギリス。
映像の美しさも印象的。
[PR]
by ai-colors | 2006-07-05 22:33 | moovie
ゲド戦記
e0092610_21275483.jpg
ゲド戦記 http://www.ghibli.jp/ged/


宮崎吾朗? 駿さんの息子が監督?
ジブリって世襲制なの・・・!?

ジブリの新作が駿さんでなく息子の吾朗さんが監督するという話をきいた時には、正直そんな風に複雑な気持ちでした。

だけど、ジブリHPでプロデューサーの鈴木さん、そして監督・吾朗さん本人のコメント(日記)を読んでいたら、そんな気持ちもスーっと消えていって、単純に「早くみたい!」という気持ちに変わりました。
http://www.ghibli.jp/20special/000283.html

会社でこっそり予告moovieをみてたら、泣きそうになって焦りました。笑
「テルーの歌」を歌う手嶌葵さんの声が本当に映画の世界にぴったりと重なります。
家でみたらやっぱり泣けました。

公開が待ち遠しいな。
[PR]
by ai-colors | 2006-07-05 21:28 | moovie
プロデューサーズ
e0092610_2272790.jpg

「プロデューサーズ」 2005/米

すごい楽しかったー!!

終わったときに思わず拍手しそうになりました。

下ネタもブラックジョークもありだけど、30年代頃のミュージカル黄金期を彷彿とさせるとっても楽しいコメディミュージカル。昔のミュージカル映画、大好きです。
セットや衣装もあの時代の雰囲気をよく再現しています。ちょっと胡散臭さもプラスしつつ(笑)
主役のネイサン・レインとマシュー・ブロデリック。いいですよー。
ユマ・サーマンは歌も踊りも下手なんだけど、それがブロンドのオバカ娘役にうまい具合にはまってます。

あと、エンディングロールは途中で立たずに、ちゃーんと最後まで観ましょう。
みてのお楽しみー。
e0092610_2273964.jpg

ゲイ先生役のゲイリー・ビーチとロジャー・バートが最高!so cute!

e0092610_227546.jpg

ああ、バカバカしいー!笑ったーー!
[PR]
by ai-colors | 2006-05-06 22:10 | moovie
かもめ食堂
e0092610_22314735.jpg
かもめ食堂

すごーくお腹がすく映画!
友達のアドバイスどおり上映前におにぎりを食べといたので、本当に助かりました。
(ayanoありがとー)
かもめ食堂で出てくる料理は、どれもこれも「今すぐ食べるー!!」と地団駄踏みたくなるほど美味しそうなのです。
途中から、隣に座っていた男性(見知らぬ人)のお腹があまりにもグーグー鳴りまくっていて可哀想になりました。

それと、インテリアや雑貨には憧れの北欧アイテムが満載。
かもめ食堂で出す食器類はITTALAのTEEMAやORIGO。
ファッションアイテムも素朴な花柄エプロンだったり手ぬぐいだったり、マリメッコのコートやワンピースだったり、とにかく女性が喜ぶモノだらけなのです。

出演の小林さとみさん、片桐はいりさん、もたいまさこさんの魅力もたーっぷりみれます。(なぜかこの人達って"さん"付けになっちゃう)

美味しくて可愛くて、ほのぼのしてて、ポツ・ポツっとした"間"がある不思議な映画。

フィンランドの森、いってみたいなあ。
[PR]
by ai-colors | 2006-04-23 22:31 | moovie



北欧暮らし        
www.flickr.com
ai-colors' photos More of ai-colors' photos

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30