<   2006年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧
lesson
e0092610_562529.jpg
malmo駅前。サンタが壁にはりついてました。小さすぎてわからないかしら。

英語の先生が病気だ、ということで月曜日のレッスンがお休みだった。
ただでさえ授業少ないのに〜〜!と、月曜の先生(英国男)は日頃から失礼なやつなので、病気の同情をしてあげない私。 この人が旅行に行くからって言って12月の授業も早くおわっちゃうんだもの。
そんなんで、今週はまた夫以外の人と殆どしゃべってないや。

今はとりあえず週3回英語の授業に通っているのだけど、その中で一番楽しいのが木曜日。
他の日と比べて人数が少ないので、皆リラックスして会話ができる。それに夜の授業なので、仕事後に来る人が多く、ややハイになっていたりする(笑)
毎回、リラックスしすぎて話が脱線してしまうし、私以外の人は皆スウェーデン語がしゃべれるので、話が盛り上がるとスウェーデン語になってしまうのだけどね。(私は一人ポカーン。涙)
どこまで英語の勉強になっているのかは謎だけど、それでも笑いが絶えない授業というのはいい。
先生含めクラス全員出身国がバラバラ。オーストラリア人、イラン人、クロアチア人、スロバキア人、ブラジル人、スウェーデン人、日本人、各1人ずつ。そして全員女性。年齢層高め(笑)
自分の大切なモノや結婚式について取り上げた時には各自の恋話などもはじまってかなり楽しかった。

そんな楽しいクラスだけれどあと1回でおしまい。私は来年からスウェーデン語をとる予定なので、このクラスともお別れ。
皆は「このクラスは本当にいいクラスだわ。次も続けましょうー」と言っている。私が行けない旨を伝えるとスロバキア人おばさんの強力な引き止めにあってしまった。「次までにもう一回考えてきて」と繰り返されています。 うーん、私も寂しいわよお。
でもお金と時間を考えるとやはり無理。最後ちゃんと皆に挨拶しなくては。

前回も書いたけど、近頃本当にあっ!という間に一日が終わってしまう。家事をして、ちょっと歩いて、英語の本をちょろっと読んで、ネットをして、おしまい、というかんじ。
寝る時になって「ああ、今日もあれが出来なかった・・」と後悔の繰り返し。
インターネットもブログもやめてやるーと思ったり。でもそれは無理だよなあ。

そんなこんなしてる間にもう12月です。
週末パリにいってきます!
e0092610_555251.jpg

[PR]
by ai-colors | 2006-11-30 23:37 | 暮らし
homeparty
先週末、友達のホームパーティーに呼んでもらったので、若者パーティーを初体験してきました。
知らない人ばかり、しかも言葉がわからない私にとってはかなり緊張する場になりそうだったけど、とにかくトライ!!ということで、宮古島で買った泡盛とビールを何本か手土産に夫と2人で参戦。

スウェーデン人はシャイなので酒を飲まないと、仲良く喋れない、打ち解けられない、と聞くけど、私も全くもってそのタイプなので共感。

お酒を飲めば英語が分かる気がしてくるから不思議ですね。
スウェーデン語まで分かる気がしてきた(幻聴)。

ゲストが自分の友達を呼んでいたりして、次から次へとわらわらお客がやってきてビックリ。 
ホストの子も「知らない人がいっぱいいる」と言ってました(笑)最終的には何人いたんだか・・。

スウェーデンでは、日本よりも"家に人を招く"ということが盛ん、というか普通のことのようです。
外で遊ぶところもあまりないし、それよりは暖かい家でのんびり楽しくやるほうがいいのでしょうね。
それに外で食べたり飲んだりすると高くつくので、こうやって家に招いたり招かれたりする方がずっとリーズナブル。そして美味しいものが食べられる!

1人の子が「日本人は写真撮るとき必ずこのポーズするよね~」とピースサインをみせてきたので、「いや、今時の子はピースを横向きにするんだ!」と言って、ピースサイン指導をしてみました。
自分でもやったことないから合ってるのかわからないけど・・・ もしかしてこのピースの方が古い?? 
まっ取り合えず面白写真がとれたのでよしとしよう。
なぜか皆お尻が突き出てるのでした・・・。
e0092610_5351936.jpg
音楽好きだったり、アート好きだったり、共通の話題で盛り上がれる人がいっぱいいて嬉しかった。
おもろくて、でも素朴ないい子ばかり(多分私たちが最年長・笑)。楽しかったー。
[PR]
by ai-colors | 2006-11-30 14:16 | 文化 sweden
Jazz lunch @ Mejeriet
e0092610_4223517.jpg
週末、mihoさんご夫婦を誘って、隣町Lund(ルンド)にあるJazzバー「Mejeriet」にいってきました。
良いJazzバーはないか色々な人に聞いていたところ、「土曜日のランチ時間にライブをやっているところがあるよー」という情報をいただいたので、そりゃ行かなくちゃ!、Jazz好きな友達も誘わなくちゃ!となったわけです。
ここはLundの中では一番大きなJazzバーのようで、元々の建物は牛乳工場(のようなもの?)だったとか。
建物を何でも再利用するところがスウェーデン流(^^)

開場13時、開演14時なので、開場時間にチケット(80sek)を買って中に入ったあとブッフェでランチタイム。「味はあまり期待しないで」と聞いていたのだけど、ブッフェの種類も豊富だったしコーヒーもおかわりし放題だし、私的には満足でした。お値段はちょっと高め(90sek)だったけどね。ランチなしでライブをみるだけでもOK。
e0092610_423717.jpg
この日のバンドは「ibrahim electric」というデンマークのジャズバンド。
ギター、ドラム、オルガンの3人組。
ジャンルで言うと、ジャズファンク? ジャズロック? とにかく踊れるジャズ。かなり楽しかった。
あのオルガンはなんだろう〜と思っていたら、Freddoさんが「多分ハモンドオルガンだよ」と教えてくれました。
そうかハモンドオルガン! Georgie Fameの弾いているのもハモンドオルガンでしたよね? 電子楽器なのに、温かみのある音。すごくいい。

途中休憩時間があって、本人たちによるCD即売があったので(笑)、ゲットしてきました。ちょっとだけメンバーと話すこともできました。
家で聞いても楽しい音。 でもやはり生の方がいいかな。

そうそう、彼らはデンマーク人なので、ステージでのしゃべりもデンマーク語。
ほんの時々スウェーデン語(挨拶程度?)。
私たち夫婦にはどちらにしてもチンプンカンプンなのだけど、mihoさんご夫妻に聞いたところ、デンマーク語とスウェーデン語はたまに似ている単語があるくらいで、やっぱり全然違うのだそうだ。ふうむ。

ギターの彼が、髪型といい、髭といい、フーファイのDaveにみえて一瞬クラっときましたが、後半はドラムの彼の笑顔にクラでした(笑)。オルガンの彼はとにかく演奏と黄色いジャージが素敵でした(ついでじゃないよ)。
よくみると、ギターさんはブッフェの時私の前に並んで、一生懸命ポテトをとっていた人でした。アーティストも観客も一緒にブッフェに並んで、、、ってアットホームな感じでいいですよね(笑) 
子供連れの観客もたくさんいて、フンフンフンと踊っている小さな可愛い女の子もみました。

終了は15時半くらい。 とっても健康的に楽しめたJazzライブでした。また行かなくちゃ。
e0092610_4234941.jpg

ibrahim electric HP (音と映像はMEDIAからどうぞ):http://www.ibrahimelectric.dk/
ひたすらオジさんが料理をつくってるPetPettostanのビデオがおすすめ。何かの料理番組?
[PR]
by ai-colors | 2006-11-30 02:20 | music
baby
e0092610_213988.jpg
今日友達に赤ちゃんが産まれた。
日本から届いたメールと写真。
予定日よりも2週間近く早く産まれた赤ちゃんはとっても小さかったけど、とっても可愛い綺麗な顔をしてました。
そして友達の顔が、とーっても綺麗で、穏やかで、優しい母の顔になっていて、産まれたばかりの赤ちゃんと友達の顔を見てたら感動で胸がいっぱいになって泣いてしまった。
ああ、やっぱり母の顔ってあるんだなあ。
日本に帰った時会えるかな。今からすごく楽しみ。

e0092610_2133364.jpg
毎日、日が短くなってます。
近頃は14時ごろ夕焼け小焼けの空の色になって、15時半すぎにはSunset。上の写真はちょうど昨日の15時半の夕日。今日は朝からどんより暗いから夕焼けもみれないだろうな。一日中部屋の電気をつけてます。
12月の半ば頃まで、もっともっと日が短くなっていくそうな。

1日があっという間に過ぎていきます。
[PR]
by ai-colors | 2006-11-29 21:04 | 暮らし
Maia Hirasawa
e0092610_2312548.jpg

もういっちょスウェーデンアーティスト。
Hello SaferideのMyspaceつながりでみつけたMaia Hirasawa
音はこちら: http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=59348912
Hello Saferideのツアーにも参加してるみたい。
スウェーデン人と日本人のハーフのようでこの風貌、この名前。風貌も名前もかわいいですな。
そして歌声が何とも素敵なのです。ピアノの音も心地よい。暖かい部屋の中でのんびりぼんやりしてたくなる。
まだCDはなくて、2007春に1stが出る予定と書いてある。これもまたネットでゲットするほかないのでしょう。
[PR]
by ai-colors | 2006-11-25 17:01 | music
CD
こちらに来てから初めてCDを買ってみました。両方スウェーデンアーティスト。
e0092610_20502655.jpg
KOOP "Koop Island"
昔、青山のブルーノートでライブをみました。SummerSunという曲はひと目ボレならぬ"ひと聴きボレ"で、自分の結婚式でも使ってしまったほど(笑)
この新しいアルバムはかなりレトロな雰囲気の音ばかり(30年代〜50年代のスウィングジャズがベースなのだそう)だけど、やっぱり素敵。ジャケットにはちょっとビックリしたけど・・・。 サイトで調べたら日本で買った方が安かった(涙)
12月に日本でまたライブやるみたいです。
今回のアルバムにも参加している女性ボーカル Yukimi Naganoの歌声、大好きです。

HP:http://www.dieselmusic.se/koop/
音はこちら(SummerSunもここで!):http://www.myspace.com/koop
大好きなBabyのPV(1st album):http://vids.myspace.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoID=877762012

e0092610_20505170.jpg
HELLO SAFERIDE "Introdusing...HELLO SAFERIDE "
ネットで聴いて、なかなかよいなーと思っていたら、CD屋にお買い得価格で置いてあったので買ってみた。 アコースティックギターと歌声が心地よくて可愛い。でも歌詞にはちょっと毒あり?

HP:http://www.hellosaferide.com/
音はこちら:http://www.myspace.com/saferide
すごいcuteなPV:http://www.hellosaferide.com/?page_id=14

スウェーデンのCD屋事情・・・
[PR]
by ai-colors | 2006-11-25 10:10 | music
Lost In Translation
e0092610_6101519.jpg
ソフィアコッポラの「ロスト・イン・トランスレーション」をみた。

日本にいるときどうも観る気がおきなかった映画。
外国人(良くない言い方ですけど)が撮る日本にはどうしても違和感を感じちゃうだろうし、ソフィアコッポラの「お洒落風味」な感じが、なんとなくフワフワと軽すぎる気がしてたから。
(「バージン・スーサイズ」もまだ観てない。)

でも、すごく良かった。
東京のネオンやら雑踏やら、見ているだけで涙が出てきた。
エンディングのはっぴいえんどの「風をあつめて」を聞いてボロボロ泣いた。

主人公のボブ(ビルマーレイ)とシャーロット(スカーレットヨハンソン)は喋ってる場面が少ない。ホテルや街の雑踏の中で分からない言葉に囲まれてポツンと佇んでる。
友達とワーワー騒いでいても、ふと感じる疲れや孤独。言葉はなくても2人の表情からそれが伝わってくる。

ボブは仕事で来日した俳優。通訳が全然使えない人で仕事中も他のスタッフとの意思疎通がはかれない。夜は時差ぼけなのか全く寝れない。テレビをつけても言葉がわからなくて、何が面白いのかもわからない番組ばかり。バーのボーイ君だけが話し相手。
シャーロットは夫の出張についてきた奥さん。
彼は仕事で忙しくしているからシャーロットは一人だけの時間が多い。
1人で東京を探索したり、頑張って京都まで足を伸ばしてお寺にもいってみたりする。
彼女にとって日本の全てが新鮮で、奇妙で、感動的に映る。
だけど、やはり孤独で不安なのだ。自分がこれからどうしたいのかさえ分からなくなってくる。

・・・これ、こっちに来てから私が毎日感じていたこと。 そりゃあ感情移入しちゃうわけです(笑)

日本を変に描いている、という声もあったようだけど、私は全然そう思わなかった。
まあ多少誇張してるところもあるけど、映画だもの。私達だって外国に行った時に色んな違和感を感じるし、その感覚を映像に表せばああなる気がする。(できないけど)
この映画の中の東京はミステリアスで美しく見えましたよ。
高速からみえる夜景が本当に綺麗で、私は懐かしさもあいまってまた泣いてしまった。

終わり方も私はすごく好きだった。主役の2人、素敵だったな。

きっと日本にいるときに観ていたら全然違う印象をもったと思う。
単純に異国の地にいる2人の孤独や不安に共感してしまっただけなのかな。うーん、でもそれだけじゃないと思う。 この映画の空気は心地良かったです。
とにかく何だか自分とシンクロさせてしまった映画でした。みてよかった。


関係ないけど、
今日街中を歩いていたら「ai~」という声が聞こえた。スウェーデンにきてから街中で私の名前を呼ぶ人なんて殆どいないから、聞き間違えかと思って素通りしようとしたら、友達の彼氏(スウェ人)だった。
名前を呼んでくれる友達がいるって幸せだなあ、、、とそれだけでやけに感動してしまったのでした(涙)
[PR]
by ai-colors | 2006-11-25 06:18 | moovie
bibliotek
e0092610_19333583.jpg
図書館のカードを作ってみました。
図書カードも説明ブック(英語版をくれた)も洒落てる。
e0092610_19344011.jpg

e0092610_19273737.jpg
借りるときは上のマシンに自分の図書カードを差し込んで、本の裏にあるバーコードをピピッとやるだけ。
説明がまたスウェ語だったので、間違えつつ何度かやってみたらピピッと出来て、借りた本と返却日が書かれたレシートがベローンと出てきた。 おお、ハイテク~。
しかもあちこちにこのマシンが置いてあるから、並ばなくてよいのが嬉しい。
返すときも自分でピピッとやればいいらしい。

DVDやCDもたくさんあるようなのだけど、どうやらそれはお金がいるらしいのです。
公立の図書館でもお金とるのかあ。と不思議に思ったけど、レンタルショップで借りるより断然安そうだし(そもそもレンタル屋があるのかどうかさえ知らないけど)、そのお金で新しいモノを入れてもらったり管理してもらえるならば、全然問題なしだわ、と思いました。

でもトイレは、無料にしてほしいな・・・

とにかくこれからあれこれ借りてみようと思います。
[PR]
by ai-colors | 2006-11-23 19:33 | 文化 sweden
モリゾー!?
月曜日、モリゾーに出会いました。
e0092610_342397.jpg
これ、私にはあの愛知万博のモリゾーに見えてしょうがなかった。
e0092610_3422627.jpg
ちょうど、クリスマス用のモミの木を設置してるところに遭遇。トラックに詰まれたモミの木(モリゾー)が次から次へとクレーンでぶら~んと釣られて置かれてました。

この前書いた赤い小屋はこれ。
e0092610_3432962.jpg
malmoマガジンによると12/3あたりからクリスマスイベントが始まるようです。(スウェーデン語予測情報だからあってるかわからないけど)
うう、楽しみ。 と思ったら、その週末はパリに行くことにしていたのでした。すごく楽しみだけど、時期を間違ったか・・・。

クリスマスデコレーションですが、切手のところにかいたロウソク型の飾りとともに、よーくみかけるのがこの星型の飾り。
e0092610_3434565.jpg
この窓はうちの近所のお洒落インテリアショップ(David design)。
これ、すごく好きです。 そういえばフジロックのホワイトステージへ続く道にも☆飾りがたくさんぶら下がってたなーなんて懐かしくなったり。
ロウソクの飾りも星の飾りも電気式なので、日本に帰ったら使えないのが悲しいところ・・・。(電圧が違うのです) 結構安いものもあるんだけど、なんだか悩んじゃうのよね。
我が家は本物のロウソクにして、この飾りはよその窓辺で楽しもうかなーと思ってます。今のところ。。
[PR]
by ai-colors | 2006-11-23 03:43 | 文化 sweden
クリスマス切手
デンマークのクリスマス切手を買いました。
e0092610_18422015.gif
e0092610_18423461.gif
e0092610_18424838.gif

デンマーク郵便局のサイトでクリスマス切手買えるらしいよー」という情報を夫がGETしてくれたので(by SASメルマガ←これいい感じ。私も登録しました。)、即オーダー。2日後には届きました。お土産にもいいなと思って大量購入(笑)

世界のあちこちで発売されているクリスマス切手ですが、なんと始まりはデンマークだったのだそうな。
1904年に発売されたのが最初とのこと。

古いデンマーク切手がユトレヒト(またですが)でみれました。今よりも素朴で可愛いですなあ。

もちろんスウェーデンでもクリスマス切手が発売になりましたよ。こんな感じ。
e0092610_1843432.jpg
もう3種類あります。上のキャンドルのついた飾りは、スウェーデンのクリスマスには欠かせないもののようで、どこのインテリアショップでもスーパーマーケットでもたくさん売っています。ろうそくの部分が電球になっているものが殆どで、これを窓辺に飾ってピカピカと小さな明かりを燈すのです。
クリスマス用とは別に冬用のデザイン切手も発売されていて、こちらはちょっと寂しげな雰囲気がよいです。↓
e0092610_18432931.jpg


日本でも郵便局に立ち寄った時に可愛いデザインの切手があるとちょろちょろと買っていたのだけど、特別な切手を持っているわけでもないし、面倒くさがりなので袋にバサッといれておくだけで、収集と呼べるような立派なモノではありません。
でもあの小さな四角の中に、素晴らしい絵が詰まってるのをみるのは何ともいえない喜び。
一番小さな絵画、アート作品ですな。
クリスマスものの他にもこちらに着いてから何種類かの切手をGETしたので、また紹介します。
[PR]
by ai-colors | 2006-11-21 04:23 | デザイン 北欧



北欧暮らし        
www.flickr.com
ai-colors' photos More of ai-colors' photos