<   2006年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ニルスのふしぎな旅 と Rorstrand Julプレート
e0092610_3244845.jpg
小さいころテレビアニメでみていたニルスのふしぎな旅。
懐かしいテーマソングがYouTubeにありましたよ。→ココ
"オオ カモナッ ニルス!"っていう英語の部分がやけに格好よく感じてそこばかり得意になって歌ってた気がする。

このお話の舞台はスウェーデン。
ニルスはマルメがあるここスコーネ地方の農村に住んでいます。ここでニルスは魔法をかけられて小さくなり、ガチョウにつかまってスウェーデン中を旅するのです。
まさか大人になってニルスと同じ場所に住むことになろうとは。

このお話の原題は「Nils Holgerssons underbara resa genom Sverige」。
1906年にSelma Lagerlöfというスウェーデンの女流作家が書いた児童文学です。NHKのテレビアニメは1980年から放映されたようなので、私がみていたのは再放送かな?
この日本で作られたアニメは、本国スウェーデンをはじめ、ハンガリー、ドイツ、ベルギー、オランダ、フランス、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、イスラエル、トルコでも放映されたそうな。(Wikipedia情報)
YouTubeをみたら、ドイツ語やフランス語バージョンのニルスがUPされてました。そして「ああ懐かしい」とかコメントしている人がいっぱいいて、このアニメが世界中で愛されてたことがわかります。

ドイツ版テーマソング。こちらは少年の歌声でもっと癒し系。素敵。→ココ

スウェーデンの陶器メーカー"Rorstrand社"のクリスマスイヤープレート。
これもニルスがモチーフなのです。作者はGunnar Nylundというスウェーデン&デンマークで活躍したデザイナーです。
ほら、ちっこいニルスがモルテンに乗って飛んでますよー。
e0092610_3215517.jpg

e0092610_3225339.jpg
1977 スウェーデン中部のVarmlandにいるニルス
e0092610_3232441.jpg
1980 場所はわからないけど、休憩中のところを鹿たちにみられてるニルス
e0092610_3234493.jpg
1981 GotlandのVisbyという街の上を飛ぶニルス

さらに、、、
e0092610_3164617.jpg
毎日使うスウェーデン紙幣20krの裏にもモルテンに乗ってるニルスがいるのでした。(表側は作者Selma Lagerlöfの肖像)

こんなにあれこれ書いたけど、お話ほとんど忘れてます。原作も読んでみたいけど、やっぱりもう一回アニメがみたい!
[PR]
by ai-colors | 2006-12-25 21:37 | デザイン 北欧
Lindbergさんのjulプレート
スウェーデンで買ったクリスマスプレートの話。

葉っぱのデザインでおなじみのStig Lindbergさん。
スウェーデンの陶器メーカーGustavsberg社を代表するデザイナー、陶芸作家です。
e0092610_357055.jpg

この本はmalmoのFormDesignCenterで買ったもの。 ストックホルムで行われているStig Lindberg展用に作られたもののようです。
実は私、この本を買ってはじめてちゃんと彼の作品をみたのです。それまで持っていた「個性的で、ユーモアがあって、可愛らしい。」というイメージはそのままだったけれど、さらに感じたことが「色っぽいなあ」ということ。

例のセコハンショップでみつけたLindbergさんのクリスマスプレート。
1981年から1885年までの5年間、Gustavsberg社が発売したのだそう。私がみつけたのは3枚。

やっぱりちょっと色っぽいのです。

一番上のロウソク冠をかぶっているのはルシア娘。
e0092610_358698.jpg
e0092610_3582654.jpg
e0092610_3574314.jpg
e0092610_3584878.jpg

[PR]
by ai-colors | 2006-12-25 18:38 | デザイン 北欧
God Jul!
スウェーデン語で「Merry Christmas」は、「God Jul」です。
ずいぶんとシンプルで覚えやすいのが嬉しい。

ということでスウェーデンで留守をあずかってくれてるサンタのおじさんから皆様へ
e0092610_15585215.jpg

God
e0092610_1559840.jpg

Jul !
e0092610_15592124.jpg
わーいわーい 

とおじさんもお喜びの様子・・・


今日夫も帰国です。特にサンタのおじさん的なことは期待できないけど、やはりまあ嬉しいっちゃ嬉しい(笑)。
せっかく1週間早く来たのに殆ど家で寝てるだけだった私がむなしいな。。。
[PR]
by ai-colors | 2006-12-24 11:12 | 暮らし
日本にて
ごぶさたしてます。
日本に帰ってきました。
そしてひどい風邪をひきました。
こんなひどい風邪をひいたのは久しぶりです。
日曜夕方から悪化。今週は布団の上で眠り続けています。そのおかげで熱はひいたけどまだ完治するまでには時間がかかりそうです。

スウェーデンにいるとき、ほかの赴任者の方から聞いていた話。
「毎年、年末日本にかえると風邪をひくんです。 スウェーデンの家は暖かいけれど、日本の家は寒いでしょう。それで風邪をひいちゃうんですよね。」

へえー、そんなもんかあ。せっかく帰ったのに風邪ひいちゃったら台無しだし可哀想だなあ、と人ごとのように思っていたのですが、帰国早々まんまと私もそのパターンにはまってしまいました。

何枚も着こんで防寒対策をしていたものの、エアコンの乾燥した空気と、エアコンを切った後の冷たい空気に喉と鼻がやられてそのまま一気に体調を崩してしまいました。

いつのまにかスウェーデン色に変わっていた私の体、突然日本の冬に飛び込んでも、うまく適応できなかったよう。
もうすでに楽しみにしていた大切な約束をいくつもキャンセルしてしまいました。ごめんなさい。あれこれ会いたい人、やりたい事、食べたいモノ・・・あるのだけど、帰る日までにいくつできるかな。
e0092610_1341439.jpg
もうすぐクリスマスですね。
皆様も風邪には気をつけて、素敵なクリスマスを~


追伸:あれこれ書きたいことあるので、体調をみながらちょっとずつさかのぼって書いていきます。 どうせ家にこもってないといけないので(苦笑)
[PR]
by ai-colors | 2006-12-21 22:49 | 暮らし
クリスマスリースと柚子釜づくり@IID
e0092610_1932318.jpg
帰郷のタイミングでまた「IID ものづくり学校」の「庭仕事の楽しみ」のワークショップに参加することができました。
スウェーデンにいたときからプログラムをチェックしておいたのです。フフフ。
今回は友達と一緒に参加できてこれまた嬉しい。

この日に作ったのはクリスマスリースと柚子釜(味噌ゆべし)。

time table
14:00~冬至のお話
14:30~柚子釜づくり
15:30~あったかお茶時間
16:00 リースづくり
17:00 おしまい--

クリスマスリースは学校の裏にある植物を自分達で集めてきて、輪っかにして作るというシンプルだけどすごく楽しいもの。

柚子釜は柚子の中身をスプーンでくりぬいて、その中に味噌をつめて蒸しあげ、それを乾いて固くなるまで軒下に吊るしておけばできあがり。
e0092610_19322437.jpg
クリスマスリースづくり、素材集めから制作まで皆真剣そのもの。
私もものすごい集中してつくっちゃいました。気づいたら周りには枝やら葉っぱやら、小さな実やらが散らかり放題。

そうそう講師の塚田さんがとってきてくれた枝には小さな茶色いものがたくさんぶら下がっていました。
それは何かというと・・・ミノムシ。 小さなミノムシ君たちがいたのでした。
リースからたくさんのミノムシたちが這い出てきたらちょっと恐ろしいので、ごめんよーと思いつつよけさせていただきました・・・(^^;
ほんと寝てるとこお邪魔しましてすいませんでした。

そして講師の石田さんが柚子のくりぬいた果実の部分であたたかい柚子ドリンクを作ってくれて、リース作りの途中にいただいてホッと一息。

私のリースも柚子釜も一応完成。
スウェーデンまでは持って帰れないので実家の玄関に飾ろう。
e0092610_19325558.jpg

学校園には大きく育って葉っぱの収穫も終えた藍がありました。
これは4月に私も一緒に種まきをした藍なんです。この時
こんなによく育ったんだなあ、、と感慨ぶかく眺めてしまいました。赤い色が美しい茎はリースの材料に。
そういやこのときの写真がecocoloにのりましたね。これ 懐かしい。
e0092610_19332425.jpg


実は学校にいる間、喉の調子が悪化、頭がフラフラとしてきてどんどんまずい状態に。
この後友達とのクリスマス会を予定していたのだけど泣く泣くキャンセル。ごめんなさい。
各駅停車にガタゴト揺られて意識朦朧としながら何とか家まで辿り着いたのでした。 ここから風邪が一気に加速。この晩は体の節々が痛み、高熱にうなされる。
[PR]
by ai-colors | 2006-12-16 19:27 | 絵・てづくり
勝手にサプライズ
到着2日目にして、今回の帰郷で最も楽しみだった友達のウエディングパーティーに出席。
実は友達は私が帰ってくることを知らず。
パーティーを主宰しているマダムに裏で相談して、勝手に参加してしまうことに。
呼ばれてないのに行くとは何という身勝手さ(笑)

驚いてくれなかったらどうしよう・・・という不安もあったけど、無事ちゃんと悲鳴をあげてくれて涙もいただいて満足満足。自分も泣き笑い。
協力していただいたマダムに感謝!

「最後のぶりっ子」というコンセプトで選んだというワンピース(笑)を来た友達は、さらに可愛らしく綺麗になっていて、娘を嫁がせる親の気持ちになっちゃったり・・・。

料理も会場のセッティングも全て本人&友人たちで準備した手作りのパーティー。でも一流レストランもびっくりのゴージャスさ!
本当に心のこもったあったかい会でした。 

久々の友達とめいっぱい喋って笑った一日。
おめでとう
e0092610_18392547.jpg



でも朝からの咳と喉の痛みはひどくなっていく一方。ああ風邪の魔の手が迫り来る・・・
[PR]
by ai-colors | 2006-12-15 23:10 | 暮らし
go to Japan
e0092610_18515594.jpg
日本へ出発。
早朝、コペン空港まで夫に車で送ってもらいました。仕事前にお世話かけました。
夫とはここでしばしのお別れ。

今回はスイス航空を使ってチューリッヒ経由成田行き。
1人なので乗り換え間違わないようにしなきゃなあ、、と思いつつ出発。

と思ったら早速到着便が遅れてるとのことで1時間半くらい待たされる。
女の子(子じゃありませんけど)1人でいるからか、日本人だからか、やけにオジサンばかりに話しかけられる。1人じゃなくて次々と・・・。
「ニーハオー。あっ、日本人か。中田知ってるぞ。彼は引退したんだよね。浦和レッズも知ってるぞ。ナンタラカンタラ・・」やら「この前仕事で日本にいったんだ。週末富士五湖にもいった。あそこは素晴らしかったなあナンタラカンタラ・・・」やら。
普段ならありがたいこと(?)だけど、眠いし先が長いからそっとしておいておくれ、と心の中で願いつつ、ついつい愛想よく話してしまう自分がああやはり日本人。。。 そんなんで早くも疲れ気味。

乗り継ぎの時間があまりなかったから間に合うか心配だったけど、なんとか大丈夫でホッ。
でもチューッリッヒ空港内を探索する時間がなくて残念。
e0092610_18523860.jpg
 チューリッヒ空港は数年前に新しく改装されたらしく、なかなかお洒落で素敵でした。
特にターミナル同士をつなぐ電車乗り場はスイスカラーの赤と白が基調になっていて可愛い↓。
e0092610_18525656.jpg

笑っちゃったのが、電車の中に流れるBGMが、ヨーデルとカウベルと牛&羊たちの声だったこと!
"モ~~"やら"メエエエ~"やら呑気な声を聞いてたらちょっと疲れも和ぎました。

チューリッヒから成田への長いフライト、また隣がおしゃべりなオジサンだったらどうしよう・・・。ものすごい巨漢の男性だったらどうしよう、体臭がきつい人だったら・・・と直前までかなり不安だったのだけど、乗ってみたら同じ歳くらいの日本人の女の子でした。「はああーよかったーーー」と心の底から喜ぶ。

過去には隣が足が長すぎて私の前にまで足を伸ばしてくるドイツ人男性だったり、大イビキをかく日本人オジサンだったりしたこともあります。ほんと飛行機の座席って乗るまで当たりかハズレか分からないから恐ろしい。ギャンブルだよ。

今回は、隣の女の子と適度に楽しくおしゃべりして、2本くらい映画をみて、快適に過ごせた空の旅でした。 当たり! 


夜明け前。
藍色の星空と真っ黒な雲の間に何層もの色の帯。朝になる前の一瞬の空の顔に感動。
e0092610_191338.jpg

機内で出してくれるスイスチョコレートの包みがこれまた赤白でとっても可愛い(swiss air オリジナル)ことにも感動しつつ、無事日本到着。

日本についてまず感じたことは 「明るい!!!」

久しぶりに太陽を見た気がしました。 帰ってきたどー。
[PR]
by ai-colors | 2006-12-14 15:13 | 暮らし
Lucia祭
12月13日は聖ルシア祭でした。スウェーデン独特のお祭りです。
ルシアの説明はまた改めて。

ということで、Malmoの市庁舎で行われた様子をUPします。
初動画!うまくいくかしら。

真ん中のロウソクのついた冠をかぶっているのが今年のMalmoのSanta Luciaです。



☆Lucia祭 追記~
Luciaの説明、あれこれ探してみたんですが、なかなかうまいこと簡潔に説明してくれてるサイトがみつからず。以下、いろんなサイトの話を総合した結果↓

12月13日は旧暦の冬至にあたり、この頃が一年でもっとも日照時間が短くなる時期。 もともとはイタリアの聖女ルシアのお話に由来しているようですが、この暗い時期にスウェーデンでは希望をもたらす光の聖女としてルシアをたたえるようになったようです。
この日は、早朝から頭に蝋燭のついた冠をかぶった少女(ルシアテーナ)を先頭にした白い衣装のコーラス隊(ルシアトーグ)が教会や学校、会社を訪れて美しい歌声を聞かせてくれます。日本では知られていないと思われる歌がほとんどですが、有名な「サンタルシア」や「清しこの夜」も歌われます。
そしてlussekatterといわれるサフラン入りのねじりパンやpepparkakorをglögg(スパイス入りのホットワイン)やコーヒーと一緒に食べるのです。
ココの説明と写真もご参考に。
これまた派手さはないけれど、ほんわか温かいお祭りでしょ。

TVでの放映もあって、会社も学校もない私は朝7時から8時までの1時間、TVで美しい歌声を堪能しました。
少女たちのコーラス、小さな子供たちのコーラス、男の子たちのコーラス、楽器の演奏。全て素晴らしくて可愛らしくて、飽きることなくTVに噛り付いてみてしまいました。朝っぱらからTV画面の写真をとりまくり(^^; 特に小さな子供たち、本当に可愛かった。一生懸命pepparkakorと思われる物体(笑)をコネコネしつつ、ちゃんとルシアの歌も歌ってるんですよー。e0092610_14533781.jpg
[PR]
by ai-colors | 2006-12-13 21:19 | 文化 sweden
christmas party
e0092610_2010736.jpg
いつもお世話になってる友達を招いてクリスマスディナーパーティー。(忘年会?)

明後日には日本だし、スウェーデンでの今年最後のパーティーだ!と、今回は気合いを入れて昼から食事の用意をしました。
あんまり慌しくて写真とるの忘れた~~(TT)

写真はないけど作ったもの(出したもの)リスト。

・チーズとスモークサーモン、オリーブのオードブル
・キャビアもどき
・キムチ
・わかめとレタスのチョレギサラダ
・アボガドとトマト、ルッコラのサラダ(わさびマヨ醤油ドレッシング)
・鶏肉のから揚げ(熱々ネギ油ダレがけ)
・豚ばら肉の肉じゃが
・味噌汁
・お茶漬け
・ナッツ
・ペッパーカッカ

日本食が食べたいとのオーダーがあったので、クリスマスだけど日本食(一部韓国風)。
とにかく鶏肉のから揚げをたくさん揚げなきゃいけないのが大変・・。
普段揚げ物は食べないのだけど、男性陣が多いので今回は特別。揚げ物好きな夫も「わーい、から揚げ」と嬉しそうでした。
最後デザートはバニラアイスにクランベリーをのせて可愛らしく、、と思っていたのだけど、やはり皆酒のみなので甘いデザートよりも締めは味噌汁やお茶漬けがよろしかったようで。
頑張ってケーキ焼いといたりしなくてよかった(^^;

多すぎるかな?と思っていたディナーは、全て綺麗さっぱり皆が完食してくれました。よかったよかった。
ビールとワインにプラスして、スウェーデンの地酒 "シナップス (アクアビット)"でも乾杯。
このシナップス、じゃがいもから作られる蒸留酒でアルコール度数は40度くらい。スウェーデンの焼酎ですね。 
もちろんこんな強い酒を、チャンポンで飲んだら撃沈間違えなしです。
皆お酒が強いから結構平気な顔してたけど、次の日は二日酔いで死にそうだったとのこと。

私はシナップスは殆ど飲まなかったけど、昼間からの準備疲れと、ワインで、じゅうぶん酔っぱらいました。次の日もつらかったあ・・。
ふらふらしながら食器を片付けてたら、大切にしていたリーデルの赤ワイングラスと母からもらった急須を割ってしまいました・・・(TT) かなりショック。 ああ私のバカ。

でも皆も楽しんでくれたし、私もすごく楽しかったから大満足。

じゃあまた来年ねー!とお別れしました。
来年も楽しいパーティー企画しなくちゃ。 
[PR]
by ai-colors | 2006-12-12 23:26 | 食sweden
我が家のjul飾り
e0092610_15474084.jpg
クリスマス前に日本に帰ることになっていたので、うちのクリスマスデコレーションはあまりモノを買い足ずに何とかしよう、、がテーマでした(笑)。
例のセカンドハンドショップでクリスマスプレートやクリスマスのクロスをちょろっと調達し(買ってるじゃん)、あとはスーパーマーケットで胡桃とスターアニス(八角)を買って安デコレーション。本当は松ぼっくりと赤い実ものが欲しかったのだけど、結局みつからず。 なのでちょっと色が足りなかったのが心残り。
あとはとにかくロウソク、ロウソク!
e0092610_15485875.jpg
e0092610_15491122.jpg
e0092610_15492386.jpg
e0092610_15493917.jpg
e0092610_2475548.jpg
e0092610_15495453.jpg

e0092610_2451544.jpg
でも来年こそはあの星型の飾りとロウソク型の飾りが欲しい・・・と今から狙いを定めている私です。
[PR]
by ai-colors | 2006-12-11 15:26 | 暮らし



北欧暮らし        
www.flickr.com
ai-colors' photos More of ai-colors' photos

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31